家づくりをするなら知っておこう!いつか必ず役立つ雑学をまとめてご紹介!

このサイトでは、注文住宅で家を建築したい人にいつか必ず役立つ雑学を数多くご紹介しています。
豆知識を知っている人と知っていない人では、家が完成した後の満足感や達成感などに違いが起きやすくなる、簡単にいってしまえば成功したと感じるのかそれとも失敗したのか、などの結果になるわけです。
こちらでは、家族で話し合いを行うときの家づくりの優先順位、安易に決めないことが重要な工務店やハウスメーカーなどの相談先についても触れることにしましょう。

家づくりをするなら知っておこう!いつか必ず役立つ雑学をまとめてご紹介!

家づくりの相談先と聞くとハウスメーカーや工務店が一般的ですが、他にも設計事務所も依頼先の一つであることを覚えておくと選択肢が広がります。
家づくりでは設計費用や建築費用などが必要になるのですが、ハウスメーカーや工務店での設計料の相場は工事費の2~5%、一方設計事務所は費用のおよそ10~15%が相場といわれています。
一般的に考えると設計料が安い方がお得などのイメージにもなりますが、設計事務所はデザイン性などを重視する家づくりができる、このような雑学を持っていると選択肢も広がります。

マイホームの購入を考え始めたときから家づくりが完成するまでの流れ

マイホームの購入はどのような流れで行われるのか、入居までにどのくらいの期間がかかるのかなど事前の下調べが重要になります。
マイホームが建つまでの期間はおおよそ9か月から1年程度であり、注文住宅であるとさらに期間が長くなることがあります。
家づくりを始まるうえでまず最初に行うのは、予算の検討とどのような家にしたいかのイメージづくりです。
この時期は様々な家を見て回り、どういった家の形状にしたいのか、庭はどうするのかなどを一つ一つ考えていきます。
ハウスメーカーを選ぶために住宅展示場に赴くこともあります。
実際にハウスメーカーが決定したら、家づくりにおいて大切な間取り決めと見積もりに入ります。
ここまでの期間は約3か月ほどとなりますが、じっくり家を見学したりなかなかハウスメーカーが決まらない場合は半年ほどかかることもあります。
ハウスメーカーが提案した内容に納得できると工事請負契約を結び、さらに細かな打ち合わせが行われます。
この期間は4か月ほどであり、着工から引き渡しまでが4か月から6か月ほどとなります。
気候も影響しており、冬や台風、梅雨時期に着工となってしまうと工期が長めになる傾向があります。

打合わせを繰り返す理想の家づくり

家づくりは丸投げでOKとはいかず、自分の希望を明確にしなくてはいけないので、具体的なイメージを形にする為に打合せが不可欠だといえるのではないでしょうか。
時間を作り1つ1つ話し合って決めていく打合せは確かに面倒ですし、繰り返すとなると疲れてしまいますが、しかし家づくりとはまさに話し合いを繰り返すことで形になると言っても過言ではないです。
話をすることで自分が何を求めているのかが見えてきたり、今までになかった視点が得られることもあります。
知らなかった内装材に出合えたり、収納スペースを作るコツが分かってきたりするので、家づくりは大変ですが同時面白いものです。
結局のところ、自分や家族が暮らす場所で思い出が次々に生まれる建物になるわけですから、家づくりは後悔しないように真剣に取り組むことが大事です。
自分ひとりで抱え込むと荷が重く億劫になりますが、家族と協力したり心強くて頼りになる専門家を味方につければ、理想の家の完成に向けて勇気が湧いてくるのではないでしょうか。

家づくりならまずは不動産会社に相談

家づくりを行なう際には、不動産会社への相談が欠かせません。
長きに亘って暮らす以上、オリジナリティが高い家屋を造りたいのが普通なものです。
注文型式による家づくりでは、土地探しから携わる必要があります。
自分で住みたいエリアを見つけたとしても、地主との交渉までは出来ないのが普通でしょう。
不動産会社の担当者であれば、地主との交渉にも長けているものです。
住みたいと考えた地域の土地を、スムーズに入手することが可能となるのです。
殆どの会社では、無料で受けられる事前相談会を実施しています。
住宅メーカーによっては、自社に展示場を備えるところも少なくありません。
建築知識に疎い方であっても、完成型を眺めることで、どのような家屋を建てれば良いかは見えて来るものです。
北欧風の外観だったり、豪華なエントランスを備えたりした住宅であっても、注文建築であれば実現することは可能です。
気に入った会社を見つけた場合には、資金調達面も含めた形で、事前に話を聞いてみるのが良いでしょう。

家づくりのすべてを決める資金計画

家づくりにおいて、間取りを決定することと資金計画はどちらが重要だと思いますか。
その答えは、はっきり言って資金計画だといえます。
家づくりのコストを調整しないことには、設計や間取りを決めることができないのです。
すでに土地を所有しているかどうかで、コスト調整のやり方は異なります。
土地を所有していれば、家づくりの間取りや建材によって費用がどのように変化するのかを考慮しながら、資金を配分していきましょう。
土地を所有していなければ、土地と住宅にそれぞれいくら投入するかを配分することから始めなければなりません。
首都圏と北海道では、同じ坪数で土地の値段が倍以上の差があるのです。
つまり首都圏で土地の購入から家づくり始める場合は、建物自体に投入できる資金が少なくなる傾向があります。
また住宅ローンを組む際は、頭金として総費用の1割程度を用意するのが望ましいとされているのです。
この頭金は現金で支払うルールになっているため、その点も考慮しながら資金の計画を立てていくようにしましょう。

家づくりに関する情報サイト
家づくりをするなら

このサイトでは、注文住宅で家を建築したい人にいつか必ず役立つ雑学を数多くご紹介しています。豆知識を知っている人と知っていない人では、家が完成した後の満足感や達成感などに違いが起きやすくなる、簡単にいってしまえば成功したと感じるのかそれとも失敗したのか、などの結果になるわけです。こちらでは、家族で話し合いを行うときの家づくりの優先順位、安易に決めないことが重要な工務店やハウスメーカーなどの相談先についても触れることにしましょう。

Search